新着記事
img8399.gif
馬なりに緑な日々> 2012年11月の過去ログ
2012年11月02日

一気にトゥルヴァーユ!外からトゥルヴァーユの追い込み!トゥルヴァーユ凄い脚!

タイトルはラジオNIKEIの実況から。
<公式>
■美浦・矢野英一厩舎
■1着.2着.3着.4着以下:(0.1.0.0)

10月28日(日)東京・芝2000mに三浦騎手でデビュー。
初出走の馬体重は520キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。
500キロを越す大型馬も馬体に重め感はなく、仕上がり具合は悪くなさそう。
歩様に柔らか味もあり、元気いっぱいで状態も良さそう。
他の馬たちにジョッキーが跨ってからも入れ込むことはなく馬場へ向かった。
馬場入場時は、早く走りたいのか少しうるさい面見せたが、誘導馬のところまで歩かせてからスムーズに返し馬に入った。

レースでは、揃ったスタートも無理せず、馬なりで後方4番手からの競馬。
行きたがる馬を我慢させて、折り合いを付けつつ3〜4コーナーを後方3番手で周った。
直線に入り大外に持ち出されて追い出されると素晴らしい伸び脚で前を捉えにかかり、いったんは先頭に立ったが、坂を登りきったあたりで外にヨレ、内から交わされてしまい3着で入線するも、勝ち馬が降着となり繰り上がっての2着。

レース後、三浦騎手は「馬群を突くことも考えましたが、大跳びの馬なので前が詰まる不利も考え、直線まで待ってから大外に持ち出しました。良い脚を使ってくれましたが、先頭に立つと少し遊ぶところがあり内から差し返されてしまいました。追い出すと馬体が沈み込んで一気に加速するあたりに能力の高さを感じます。パンパンの良馬場向きの馬で、今日のような馬場は少し馬にはかわいそうだったように思います」とのコメント。
また矢野調教師は「外枠で他の馬に比べ距離を走らされたこともありますが、坂を登りきったところで馬が調教が終わりと思ってしまったようなところがあったかもしれません。調教に比べ実戦の方が反応も良く、内容は悪くなかったと思います。今日のレースで能力があることは分かりましたので、また次走に期待したいと思います」とのこと。

31日、矢野調教師は「レース後も特に大きな問題はありません。このまま問題が無ければ、中1週で東京・芝2000mに向かいたいと思います」とのことで、11月10日・東京・芝2000mに出走を予定している。(10月31日更新)


いやー、この実況のフレーズいいなぁ。何度も聞き直しちゃった。
アナウンサーもトゥルヴァーユの勝ちを確信して実況してた感じです。
負けちゃいましたが。(-_-;)

で、何度かレースを見直したんですけど、やっぱりトゥルヴァーユが自分で走るのを止めちゃったという感じですね。
ソロル、アイズオンリーに差されてますが、後続にも差を詰められています。
三浦騎手のコメントにも「先頭に立つと少し遊ぶところがあり」ってある通りかと。

これは最終追い切りで早く抜きすぎて、追い切り相手を待つ形になっちゃったのが響いたのかもしれません。
結果論ですが。

あと一口板では距離説が出てますが、距離だったらあんな脚は出せないでしょう。
中1週で使えるほど疲れがないってのも、その証左。


さて。未勝利戦であれば、もう少しペースは上がるでしょう。
その舞台でトゥルヴァーユの末脚が爆発するのを愉しみに待ちますか。



 

posted by そらり at 2012-11-02 22:06 カテゴリ:トゥルヴァーユ | コメント(0)
_
img8399.gif

BK1:4/30までのギフト券(3000円以上で300円)
11affia804010430

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。