新着記事
img8399.gif
馬なりに緑な日々> 2007年08月の過去ログ
2007年08月02日

ポンテペルレは再び松岡騎手で。

今週は出走できそうです。
<公式>
美浦・小笠倫弘厩舎 (1.5.2.10)
8月1日、小笠調教師は「本日ウッドコースで終いだけ伸ばすような追い切りを行いました。予定通り今週出走させようと思います」とのことで、8月4日(土)、新潟・芝1400m(混)に出走の予定。(8月1日更新)
◆出走予定:8月4日(土)新潟12R・3歳以上500万下・芝1400m・混合・松岡正海騎手(55キロ)
フルゲート18頭(出走予定全31頭、本馬より優先順位の高い馬11頭〔未定0頭〕、同条件の馬・本馬を含め3頭)*自身、前走から10週

無念の除外からはや2週間がたとうとしていますが、今週は何とか出走できそうな感じです。
気になる鞍上は福永騎手・・・ではなくて、前走の手綱を握った松岡騎手となりました。

JRAニュースによると7月28日にアイルランドでの出張から帰ってきたんですね。
前走では上がり最速を叩き出しながら、ゴール前に差し返されるという「やっちゃった」感のある騎乗でしたから、今度こそはアイルランドでの出張の成果を見せて、勝利へ向かって欲しいところです。


しかしぼく馬の調教の短評「多少良化」って、なんか妙に寂しいぞ。(^_^;)






k_m1.gif


 



posted by そらり at 2007-08-02 00:36 カテゴリ:ポンテペルレ | コメント(0) | TrackBack(0)
_

リリウオカラニの鞍上はやっぱり鮫島騎手だった。

水曜にコメントの更新がないのはどうしてなんだろう?
<公式>
栗東・松田國英厩舎 (2.1.2.8)
(前回と同様なので省略)
◆出走予定:8月5日(日)小倉11R・秋吉台特別(3歳以上500万下・混合)芝1200m・鮫島良太騎手(55キロ)
フルゲート18頭(出走予定全16頭、本馬より優先順位の高い馬2頭〔未定1頭〕、同条件の馬0頭)
*自身、前走から8週

さて。
やっぱりというかなんというか、リリウオカラニの鞍上は鮫島騎手でした。

何回か書いてますが、鮫島騎手が鞍上の時はデビュー以来4着が最高です。
なにしろリリウオカラニの名前の由来はハワイの女王様ですから、サメとの相性がイマイチというのも頷けるものがありますね。


あとは台風の進路が心配ですね。馬場がこれ以上悪化しない事を願ってますが・・・。





k_r1.gif



 



posted by そらり at 2007-08-02 00:48 カテゴリ:リリウオカラニ | コメント(4) | TrackBack(0)
_
2007年08月03日

ポンテペルレの出走が確定。

木曜は時計のみの更新です。
<公式>
美浦・小笠倫弘厩舎 (1.5.2.10)
(前回と同様なので省略)
(8月2日更新)
8/ 1 助手 美南W良  66.9−51.5−37.6−12.4 一杯に追う

1回除外された影響で、もう結構仕上がっているはずなのですが、さらに一杯に追ってきましたね。
それだけ力が入ってるということでしょう。

馬場状態が気になりますが、うまく抜け出して勝ち上がって欲しいものです。

しかし相手が揃っちゃいましたね。
シンボリハレー、ヤクモオーカンはいないものの、コアレスコジーンが500万下で走るのは反則な気が。(-_-;)




k_m1.gif


 






posted by そらり at 2007-08-03 05:42 カテゴリ:ポンテペルレ | コメント(6) | TrackBack(0)
_

リリウオカラニはハードな調教を積む。

週7回坂路に入ってる計算に・・・
<公式>
栗東・松田國英厩舎 (2.1.2.8)
7月13日に帰厩。
今週8月5日(日)小倉・秋吉台特別(芝1200m)に鮫島良太騎手で出走予定。
2日、松田調教師からは「昨日の追い切りは、坂路で1本目67.4、2本目は単走で51.6、終い13.4の時計でした。数字的には良い時計が出ていますが、息の入りがまだ今一息で、馬体も若干太い感じです。追い切りの翌日は通常なら牝馬は引き運動のみ行っていますが、本日もう1本坂路(73.7)に入れました。これで息遣いが良くなり、あばらがうっすらと浮くくらいの馬体に変わってきてくれればと思います」との連絡が入っている。(8月2日更新)
7/29 助手 栗東坂良 2カイ  57.5−43.7−29.3−14.7 馬なり余力
7/31 助手 栗東坂良 2カイ  67.4−48.8−31.2−14.9 馬なり余力
8/ 1 助手 栗東坂良 2カイ  51.6−38.1−25.6−13.4 一杯に追う

凄い乗り込み量ですね。
帰厩したのが7月13日とは思えないほど乗られています。

時計面のみに囚われず、息遣い、馬体の太め感などを見て、水曜追いに引き続き木曜にも坂路に入れるというのは流石、という感じですね。
これで仕上がってくれてればいいのですが、疲れていたりして。(^_^;)

さて、秋吉台特別の出走が決まりましたね。

スーパーワシントン、ツルマルローズあたりが強敵っぽいですが、時計面では上回っていると思いますので、後はリリウオカラニが自分の競馬を出来るかに掛かっていると思います。
台風は通過したみたいなので、後は馬場の回復も気になりますね。
日曜の特別レースですから、あまり良い馬場では走れなさそうな気もしますが。(-_-;)






k_r1.gif



 




posted by そらり at 2007-08-03 06:08 カテゴリ:リリウオカラニ | コメント(13) | TrackBack(0)
_
2007年08月04日

ポンテペルレ、圧勝!

2007年8月4日(土) 2回新潟7日の12Rでポンテペルレが2着のロードスウェアーに5馬身差をつけて完勝しました。

直線で前を行く前を行くロードスウェアーと隣のシベリアンクラシカに包まれた時には白山特別の悪夢がチラリと脳裏に浮かびましたが、少々強引に抜け出すとあとは突き放す一方。
アナウンサーが「これは2着争いまでだ!」と思わず上ずった声で実況してたのが印象的でした。
その2着争いはアタマ、クビ、ハナ、ハナ、ハナの大接戦。

それだけに2着に5馬身差をつけた今回の勝利は価値があると思います。



しかし多少自信があったものの何しろ相手にコアレスコジーンを初めとする降級馬がいたので、なんとか3着に! とか思っていたら、まさかの圧勝です。
鞍上の松岡騎手の直線、鞭を高々と上げる凄いアクションも印象的でした。

小笠先生、本当にありがとうございました。
一昨年に着外3回で出走停止という悪夢があり、一時は引退も覚悟しましたが、小笠厩舎に転厩して以降は見違えるようになりました。
これは転厩当初、じっくり厩舎に入れて坂路ではなくウッドチップコースで調整してくれたお陰だと思っています。

ポンテペルレは小笠厩舎に転厩出来て本当に良かったと思います。


もう一度書かせてください。

小笠先生、本当にありがとうございます!




#馬券的には単勝とコアレスコジーン絡みの3連単しか買ってなかったので、
 微妙にプラスという結果に。(-_-;)
 コアレスコジーンの鞍上を計算してなかったよ・・・。





posted by そらり at 2007-08-04 17:28 カテゴリ:ポンテペルレ | コメント(10) | TrackBack(0)
_
2007年08月05日

ポンテペルレの勝利コメント

昔の記事を読み返したりして。
<公式>
美浦・小笠倫弘厩舎 (2.5.2.10)
8月4日(土)新潟・芝1400m(混)に松岡正海騎手で出走。
馬体重は14キロ増の486キロ。
大幅増も馬体に太目感はなく、トモに筋肉が付いた感じで状態は良さそう。終始落ち着いた周回で、他の馬達にジョッキーが跨ると気合いが乗ってきた感じ。

馬場入場時に少しうるさいところを見せたが、すぐに返し馬に入り、走り出してからは折り合いも付いてスムーズ。

レースでは、好スタートを切って先団をうかがい、2〜3番手で折り合う形。楽な手応えで3〜4コーナーを回り、直線に向いて逃げ馬をとらえると一気に突き放し、後続に5馬身差を付け見事優勝。
勝ち時計は1.20.7。

松岡騎手は「馬体重が14キロ増えていましたが、トモがしっかりとした感じで、全然重たい感触はありませんでした。元々力のある馬だと思っていましたが、今日は本当に強い内容でした。この分なら上のクラスでも十分勝ち負けできると思いますし、今後が楽しみですね」とのコメント。
小笠調教師は「今日は強い勝ち方でしたし、今後も楽しみですね。次走についてはレース後の具合を見て検討したいと思います」とのことだった。(8月4日更新)

本当に勝ったんですね。やっぱり嬉しいです。

2勝と言う事なら、過去に何頭かで体験しているわけですが、「もっとやれるはず!」と思いながらも、3連続着外で出走停止を受けて一時は「引退」の文字がアタマを過ぎった程のどん底を経験してきた馬ですから、特別な思い入れがあるのだと思います。
(ましてや最初の厩舎が名門加藤征厩舎でしたし)

そしてあの痛快な勝ちっぷり!
何度見ても興奮できます。ご飯3杯はいけちゃいますね。


時計面も優秀です。
今回ポンテペルレが出した 1:20:7 は先週の1000万下の火打山特別(芝1400)の勝ち時計、1:21.3 を軽く凌いでますし、もっと書いちゃえば夏の新潟の芝1400でこの時計を上回るのは2年前のNSTオープンまで遡らないとありません。
(春を入れるとキンシャサノキセキが勝った谷川岳オープンがありますが)
しかも競っての時計ではなく、1頭抜け出しての時計です。

そしてメンバー面も揃っていました。
例えば、ポンテペルレが除外になった2週目の芝1400で 1:21.8 という時計で2着に入り優先出走権を確保したマイネルパラシオですが、今回のレースでは前走を0.1秒上回る 1:21.7 で走っておきながら今回は8着でした。

今回の勝利は時計面、メンバー面を見てもとてもレベルが高いものと言えると思います。



さて、松岡騎手や小笠師も口を揃えて「今後が楽しみ」と発言しています。
私も全面的に同意します。

だから、なんとか後1年、現役でやらせては貰えないでしょうか。
今ならオープンだって狙える馬ですよ?




<11:25 追記>
日刊スポーツに関連記事が出てたので、ウェブ魚拓でご紹介。
松岡帰国後初勝利、アイルランド流?披露 : nikkansports.com







k_m1.gif


 






posted by そらり at 2007-08-05 10:54 カテゴリ:ポンテペルレ | コメント(4) | TrackBack(0)
_
2007年08月07日

リリウオカラニは「太かった」

結論〜♪
<公式>
栗東・松田國英厩舎 (2.1.2.9)
8月5日(日)小倉・秋吉台特別(芝1200m)に鮫島良太騎手で出走。馬体重は20キロ増の518キロ。ブリンカーを着用。
馬体全体がガッシリして見えるが、さすがに腹回りに余裕がある印象。終始大変落ち着いた様子でパドックを周回し、途中から2人引き。いつもはもう少し気合いを表に出す馬だけに、少し気合い不足なようにも見える。

馬場入りの際には少し小脚を使い、首を振ってうるさいところを見せたが、駆け出してからはスムーズ。軽いキャンターでゆったりとしたペースではあるが、向正面を過ぎ、3コーナー手前までじっくりと返し馬を行った。

レースでは、揃ったスタートを切り、外枠から抜群のダッシュでハナに立ったが、道中は多少突つかれ気味。先頭キープのまま3〜4コーナーを回るも、直線で早めに並びかけられると、粘りきれず7着。勝ち馬からは0.6秒差。

鮫島騎手は「今回は太かったですね。ダッシュ力があり、スタートも抜群でしたが、ちょっと太かった分、最後で止まってしまいました。ただ、直線で交わされてからも頑張っていましたし、このクラスでは力上位なのは間違いありません」とのコメント。
松田調教師は「太かったですね。直前の追い切りで息の入りがまだ完全ではない感触はありましたが、念入りに調教も積んだし小倉までの輸送もあるので、多少絞れると思ったのですが。次走については馬の具合を見て考えます」とのことだった。(8月7日更新)

やっぱり「太かった」と言う事で落ち着きそうですね。
しかし松国先生が言うように、あれだけ稽古をこなし、さらに小倉までの輸送をして+20キロというのは・・・松国先生だけの責任じゃないよなぁ。(^_^;)
あと輸送込みで+20だと滞在競馬とかは当分無さそう・・・


さて、次走はどうするんでしょうね。
秋の中央開催では芝1200はあまり組まれていないようですし、馬場が向いてないとしても太めを快勝するためにも続けて使っていった方が良いでしょうね。

あと、もこもこさんが言うようにダートにもう一度歩を進めてみるのも面白いかもしれません。
前々走があまりにも鮮やかでしたし、もう少し夢を見せて欲しいものです。



#ところでカタログまだーーー!?




k_r1.gif



 




posted by そらり at 2007-08-07 22:21 カテゴリ:リリウオカラニ | コメント(4) | TrackBack(0)
_
2007年08月08日

ポンテペルレは骨瘤で放牧とグリーンファームに対する愚痴

最後の夏が終わってゆく・・・
<公式>
美浦・小笠倫弘厩舎 (2.5.2.10)
(前回と同様なので省略)
8日に再度連絡が入り「それほどひどくはないのですが、レース後骨瘤が出ていて少し気にしています。勝ってくれましたので、無理せず放牧に出して、秋の東京での出走を目指したいと思います」との連絡が入り、8月11日(土)にセグチレーシングSに放牧に出る予定。(8月8日更新)

無念です。

「夏に強い」との言葉を信じて夏を待ち、まさかの除外をえて言葉通りに夏に強いところをみせてくれたのですが、そのまま放牧という事になりました。

「無理せず」はわかるんですけど、「夏に強いポンテペルレ」は今年で引退予定なわけです。
500万下で力の差を見せてくれて「さぁこれからだ!」というところで、あっさりと「最後の夏」の終了宣言を受けても簡単には納得できません。

確かに秋の東京では芝1400のレースが多数組まれており牝馬限定戦まであるわけですが、カウントダウンが進んでいるわけですから、もう少し様子を見て欲しかったです。
(まぁ来年も現役ならこの限りではありませんが)

小笠師は「これでノルマを果たした」と考えているのでしょうか。
まぁそうなんですけどね。




#いまだ今年の募集カタログが届かない、かつ明日から週末まで
 不在という状況も加えて、少々苛立ってます。
 ジュメイラムーンも8月中旬に入厩するならとっくに山元TCに移動しているはずなのに音沙汰無し。
 このクラブは一体どうなってんだ?




k_m1.gif


 



posted by そらり at 2007-08-08 23:16 カテゴリ:ポンテペルレ | コメント(4) | TrackBack(0)
_
2007年08月12日

公式サイトがリニューアル

伊香保温泉に旅行に行ってきましたよ。
伊香保グリーン牧場というのがあって、そこで遊んできました。
牧羊犬が羊を誘導するショーがあったのですが、広い丘の上に戯れている羊を一匹の犬が見事に誘導していって、かなり壮観でした。

さて、暑い伊香保からもっと暑い横浜に帰ってくるとグリーン牧場、ではなくグリーンファームの公式サイトがリニューアルされていました。

以下雑感を例によって箇条書きに。
・表紙の鬣を結んでいる写真はジャドールかな?
・表紙が目次っぽくなり、一覧性は失われた。
・愛馬最新情報には各馬の募集時の写真が使われているが、小さい写真には情報がないし重くなる要因なので、リンク先に大きな写真があればいいのでは?
・愛馬最新情報に情報の履歴がない。
・全体的に重い。

う〜ん。jpegやらgifなどの画像やボタンがふんだんに使われているせいか全体的に重たいです。
それと見た目が派手になった割にあまりメリットを感じられないのが残念です。
まぁ愛馬最新情報に
「写真をクリックすると、複数の馬の写真をご覧頂けます。」
とあるので、これからリンク先にたくさんの写真が掲載されていくのでしょう。

それに期待するとしますか。



posted by そらり at 2007-08-12 09:33 カテゴリ:日記 | コメント(0) | TrackBack(0)
_

リリウオカラニはまだ太い?

なんたらブートキャンプに入隊するしか(時事ネタを入れてみました)
<公式>
■栗東・松田國英厩舎
■1着.2着.3着.4着以下:(2.1.2.9)
(前回と同様なので省略)
9日、松田調教師は「使った後、多少は絞れた感じですが、小倉から戻った後もまだあばらが浮くほどではなく、坂路に入った後の息の戻りも今一息です。引き続き小倉の芝1200mに出走させたいと思います。2週目と3週目に混合の特別戦が組まれていますので、登録していきたいと思います」とのこと。(8月9日更新)
8/ 9 助手 栗東坂良 2カイ  63.6−45.9−30.9−15.6 馬なり余力

まだ絞れてないみたいですね。往復の輸送と出走をして、まだ「太い」と言われるんですから、ある意味たいしたものです。
ここ数日鬼のように暑くなってますから、きっと汗も一杯かいて絞れてくる事でしょう。

でも2週目の伊万里特別には間に合わないでしょうから、3週目の別府特別あたりでしょうね。
馬場が荒れてこないと良いのですが・・・。



k_r1.gif



 






posted by そらり at 2007-08-12 09:42 カテゴリ:リリウオカラニ | コメント(0) | TrackBack(0)
_
馬なりに緑な日々> 2007年08月の過去ログ
img8399.gif

BK1:4/30までのギフト券(3000円以上で300円)
11affia804010430

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。