新着記事
img8399.gif
馬なりに緑な日々> 2006年10月の過去ログ
2006年10月01日

クールプレーヌは13着。

ちょっと負けすぎです。_| ̄|○
<公式>
美浦・萱野浩二厩舎(0.0.0.5)
9月30日(土)札幌・芝1200mに出走。馬体重は4キロ減の446キロ。
パドック登場直後は少し緊張気味も、周回を重ねるごとに落ち着いてきた様子。馬体減もひどく入れ込むことはなく、少しうるさいところを見せるが、これはいつものことで心配なさそう。
馬場入場後、ゆっくりとゴール板前まで歩いてからスムーズに返し馬に入る。
レースでは、好スタートも無理に行かず4〜5番手からの競馬。好位を追走し直線へ向かうが、伸びることができず13着。勝ち馬からは1.5秒差。
五十嵐冬樹騎手は「スタートの感じからは、ダートよりも芝の方が良さそうです。返し馬にでは内に刺さり気味だったのですが、レースでは内にいる馬を気にして終始外に外に行こうとしていました。気を使って走っていた分、息が入らずに伸びることができませんでした」とのコメント。
萱野調教師は「もう少し頑張れると思っていただけに残念です。この後は水曜日に美浦へ戻して福島に向けて調整していきます。これ以上体が減らなければよいのですが」とのこと。(9月30日更新)

懸念していた馬体重ですが、さらに減っているとは思いませんでした。
前走は札幌から旭川まで往復したので、ある程度は減っていても不思議ではなかったのですが、今回は滞在競馬で強い稽古を行っていなかったにもかかわらず、マイナス4キロ。
飼食いとか落ちてるんでしょうね・・・。

レースでは割と良いスタートですが、前の馬とぶつかりそうになったのか、ちょっと立ち上がり気味で馬を下げるシーンもありました。直線でいったん抜け出そうとして、一瞬燃えましたがそこまででした。
カメラがゴール前に切り替わってから、なかなか映らなくて愕然としてました。失速したのはわかったのですが、そこまで負けてるとは思ってもいませんでしたし。


とりあえずこれで札幌開催は終わりです。
これから美浦に戻って福島開催を目指すそうですが、出走できるかギリギリではないでしょうか?

飼食いが戻って次こそはプラス体重で出走して欲しいものです。

しかしこうしてみると復帰初戦がつくづく勿体なかったななぁ・・・。



k_m1.gif


 


posted by そらり at 2006-10-01 10:16 カテゴリ:クールプレーヌ | コメント(2) | TrackBack(0)
_

それでもがんばれディープインパクト!

あまりここでクラブ馬以外を応援するのは珍しいのですが、まぁいろいろありまして。(^_^;)

さて、まずは書いておきましょう。これだけは書いておかなくては。

凱旋門賞は「競馬のワールドカップ」ではありません。
JRAのCMに出ているコピー「それはサラブレッド達のワールドカップ」の「ワールドカップ」とはサッカーのワールドカップの事を言っているのだと解釈していますが、
ワールドカップとは、持ち回り開催で4年に1度しか開催されず、その舞台を夢見て地域別予選を勝ち抜いてきた国(と開催国)のみが出場できる過酷な大会です。
ロンシャンで毎年開催され、基本的には3歳以上牡牝であれば出走できる凱旋門賞がワールドカップであるはずがないんです。
このコピーを考えた人はワールドカップを知らないんでしょうね。

・・・と、ここまで書いておいてなんですが(^_^;)、それでも凱旋門賞が世界最高峰の舞台である事に疑いの余地はありません。
歴史と、そしてなにより欧州の確固たる格が凱旋門賞を世界最高峰としてきました。

その最高峰の舞台に日本が誇る三冠馬ディープインパクトが出走します。
(ハーツクライに勝ってないので私的にはまだ日本最強馬ではないです)

最近の競馬の話題はこの話題一色で、今日スプリンターズステークス(GI)があって、秋のGIシーズンが始まるってことも忘れてるんじゃないか? という盛り上がりっぷりです。

その中でちょっと気になるのが、スポーツ新聞などの「ディープが世界一になる」的な煽り報道です。


んー、競馬がそんなに簡単だと知らないはずがないのですが。(^_^;)
数々の銀行馬券が次々に破綻していった例は枚挙に暇がないことくらい、競馬の記者なら知ってますよね?


今までも日本を代表する名馬が挑んで、そして敗れてきた最高峰の頂がそんなに低いはずがないんです。
もちろん「ディープインパクトはその馬とはレベルが違う!」という意見もあるでしょう。
私も同感です。

でも正直言うと、今までで海外遠征した馬のほとんどに「この馬ならなんとかなるんじゃないか?」という期待をしてきて、そして夢破れてきたので、とてもそこまで楽観的にはなれません。
思いつくだけでも

・久々:一般的に競走馬はレース間隔が空くと能力がフルに発揮できない傾向がある。
・馬場:まだレースで走ったことのない、日本とは違う深い芝がどう影響するか。
・環境:フランスという日本とは異なる気候や状況、そして報道陣にストレスを感じていないか。
・騎手:武豊が日本の最高騎手であることは疑いないが、海外騎乗ではそこまでではない。

という不安点が出てきます。
正直いまでも「なんで現地でステップレースを使わないんだ?」と思っています。

でも、でもやっぱり思うんです。

この馬ならなんとかなるんじゃないか?
って。


出走は今夜24時35分くらい。

がんばれディープインパクト!

世界に衝撃を!





posted by そらり at 2006-10-01 11:46 カテゴリ:日記 | コメント(8) | TrackBack(0)
_

スプリンターズステークスを予想する。

以前バージルさんに「競馬の予想やらないの?」とコメントを頂き、「秋にはやろうかと」と返答をした記憶があるので、久しぶりに当たらない予想でもしてみます。
その半年ぶりの予想が、ディープインパクト余波を受けて、まったく盛り上がっていないスプリンターズステークス(GI)です。

今回は混戦です。
去年の覇者、サイレントウィットネスはあれ以来調子を落としたのか勝ちが無く、日本の代表となるべき春のスプリント王オレハマッテルゼは休み明けで稽古も今ひとつと非常な混戦となりそうです。

ペースはサイレントウィットネスが不調、ステキシンスケクンもスプリントでは逃げられるか不明、テイクオーバーターゲットあたりが引っ張る平均的な展開を予想しています。

そこでこんな予想を。

◎レザーク
 1200の実績は 5-1-0-2 と十分。枠も内枠を引き、気になる乗り変わりも凱旋門賞を制したサンマルタン騎手なら悪くはないでしょう。
 うまく先行して抜け出す競馬を見せてくれると期待しています。

○オレハマッテルゼ
 やはり日本馬にはホームの利がありますから、頑張って欲しいところ。中山を 2-0-1-0 というのも心強い。
 休み明けマイナス12は気になるところ。

▲ベンバウン
 父Stravinskyはコンゴウリキシオーと同じで、日本への適正もありそうです。

△チアフルスマイル
 短距離の成績は文句なし。中山の成績が見劣るが気になるところ。

△シーイズトウショウ
 1200の実績は抜群。中山では今ひとつなのとちょっと使い詰めなのが気になるところ。

×サイレントウィットネス
 やはり去年の覇者。調子が悪くても見限れません。


そんなわけで、レザークから薄く流す形で馬券を買いたいと思います。


う〜ん、自信ないや。(^_^;)



posted by そらり at 2006-10-01 15:03 カテゴリ:競馬の予想 | コメント(4) | TrackBack(0)
_
2006年10月02日

ディープインパクトの凱旋門賞は3着。

真夜中にテレビ観戦していましたが、ディープインパクトは直線で差され3着に終わりました。
直線に入った直後、まったく追い出していないにも係わらず、先頭を伺う抜群の手ごたえ!
「これは勝ったか!?」と思いましたが、実際に追い出した後でもレイルリンクをかわせず、さらには後ろからプライドにまで差されてしまいました。

うーん。敗因はなんでしょうね。斤量という話もありますが、58キロの牝馬プライドに差されているんですから、それは良い訳にはならないと思います。
(しかし海外には凄い牝馬がいるものだ!)

結果論になってしまいますが、やっぱりステップレースを使ったディープインパクトが見たかったです。
武豊騎手も「本当のディープではなかった」みたいなコメントをしていますが、宝塚記念を使ったことで、海外のステップレースを使えなかったのは本当に残念です。

ディープインパクトは今後有馬記念を使い、引退して種牡馬入りするかもしれませんが、なんとかそれをもう一年待ってもらって、来年も凱旋門賞に挑戦して欲しいです。
正直、この馬とハーツクライが勝てないのであれば、今後日本馬が凱旋門賞を勝つのは不可能じゃないかと思ってしまいます。


それでも凱旋門賞3着、しかもハリケーンラン、シロッコを抑えての3着ですからこれは立派な成績です。
胸を張って日本に帰ってきてください。

そしてハーツクライへのリベンジに備えてください。

三冠馬?メイショウサムソンを交えての激闘に期待しています。



#ツインターボが出てレースを引っ張っていれば。
(^_^;)




posted by そらり at 2006-10-02 15:12 カテゴリ:日記 | コメント(4) | TrackBack(2)
_
2006年10月05日

ポンテペルレが短期放牧に。

短期なのね。
<公式>
美浦・小笠倫弘厩舎 (1.3.2.8)
10月4日、小笠調教師は「本日、美浦へ戻しました。少し節を明けないと出られそうもないので、一度短期放牧に出してから、出馬投票の状況を見ながら出走に向け帰厩させたいと思います」とのことで、5日にセグチレーシングSに短期放牧に出る予定。(10月4日更新)
9/27 助手 札幌ダ良  69.7−53.0−38.5−12.0 馬なり余力
オリエントヒーロー(古1000万)強目の外先行3F付同入

先週、札幌での自己条件戦をまさかの除外になったポンテペルレですが、東京ではさらに出走が厳しそうということで短期の放牧に出ることになりました。
もともと先週の自己条件に出走すれば休養だったはずなので、これはまぁいいタイミングと言えるかもしれません。

もうすぐ福島開催が始まります。福島開催には500万下のレースがたくさん組まれていますから、その頃には帰ってくるでしょう。


ところで、その放牧先は以前の加藤征厩舎所属時代と同じくセグチレーシングSになりました。
転厩して放牧先も(天栄に)変わるかと思ってましたが、やはりポンテペルレを知っているスタッフがいるのが大きいんでしょうね。
開業したての小笠厩舎ですから、これをきっかけにセグチを使い始めたりしたらちょっと面白いかも。



k_m1.gif


 





posted by そらり at 2006-10-05 11:35 カテゴリ:ポンテペルレ | コメント(0) | TrackBack(0)
_

キングマキシマムが出られそうなレースを探す。

福島後半戦あたりでしょうか?
<公式>
美浦・小笠倫弘厩舎(0.0.1.9)
10月4日、小笠調教師は「レース後も馬はとても元気です。来週以降のレースで出られそうなレースを検討していきたいと思います」とのことで、来週以降の出走に向け調整を行っていく。(10月4日更新)

キングマキシマムは救済未勝利戦には出走できないので、格上挑戦しなくてはなりません。
できれば東京コースの長い直線で末脚を見せて欲しいところですが、現実的には福島でしょうね。
どこまでやれるかはわかりませんが、出走できるレースが見つかりますように。
そして悔いのないレースを見せて欲しいです。



k_m1.gif


 


posted by そらり at 2006-10-05 12:09 カテゴリ:キングマキシマム | コメント(0) | TrackBack(0)
_

クールプレーヌが美浦に移動。

移動が苦手な娘なんです。
<公式>
美浦・萱野浩二厩舎 (0.0.0.5)
(前回と同様なので省略)
10月4日、師は「本日北海道から戻しました。使った後の輸送と言うことで、少し体は減ってしまっていますが、福島への出走に向け調整を行っていきます」とのことで、最後の未勝利戦出走に向け馬体回復も含め調整を行っていく。(10月4日更新)

どうもまた馬体が減ってきてるようですね。_| ̄|○
とりあえず美浦でたくさん食べて早く馬体が戻ることを願うのみです。
馬体の回復も待ちたいでしょうし、福島2週目に牝馬限定の芝1200がありますから、このあたりを使ってきそうですね。

がんばれ。まだ望みは潰えていないぞ。



k_m1.gif


 



posted by そらり at 2006-10-05 12:16 カテゴリ:クールプレーヌ | コメント(0) | TrackBack(0)
_

ジャドールはダートでデビュー?

いつかはダートで・・・などと思っていたこともありました。
<公式>
美浦・池上昌弘厩舎 (0.0.0.0)
10月4日、池上調教師は「徐々に調整を進めてきていますが、デビュー戦は東京3,4週目くらいになりそうです。今のところダート戦でのデビューを検討しています」とのことで、あくまでも予定だが、順調に調整が進めば10月21日(土)、東京・ダ1300m(混)か10月29日(日)、東京・ダ1600mでデビューする可能性がある。(10月4日更新)
9/22 助手 美南D良  15.0−14.0−14.2 ゲートなり
9/27 助手 美南W不  60.0−44.7−15.2 馬なり余力

デビュー予定キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

てっきり3週目の牝馬限定戦の芝1400あたりかと思いきや、牡馬混合のダート戦でデビューですか。
まぁ3/4姉のラヴァーズナットもダートでデビューしたんだし、これはこれでいいかも。

まだ馬なりでしか追われてませんから、来週くらいにビシッと追ってデビュー戦を決めるんでしょうね。


そういえば出資馬が2歳秋に東京でデビューするのって初めてかもしれません。
なんか「王道」っぽくて嬉しいです。
(まぁダートデビューは王道じゃないけど)


ところでジャドールの日曜(1日)追いの「ぼく馬メール」が届いたのが、4日の深夜1時14分。
これにはちょっとビックリしましたよ。(^_^;)



k_m1.gif


 





posted by そらり at 2006-10-05 14:56 カテゴリ:ジャドール | コメント(0) | TrackBack(0)
_
2006年10月06日

ポンテペルレが短期放牧に。出た。

放牧に出たという報告のみです。
<公式>
美浦・小笠倫弘厩舎(1.3.2.8)
(前回と同様なので省略)
5日にセグチレーシングSに移動している。(10月5日更新)
9/27 助手 札幌ダ良  69.7−53.0−38.5−12.0 馬なり余力
オリエントヒーロー(古1000万)強目の外先行3F付同入

予定通り放牧に出されたようです。
今日だったら大雨で大変だったかも。(^_^;)

それほど500万下出走は苛烈でもないみたいなので、ちょっと休んだら帰ってきてねー。



hoboku_1.gif




 


posted by そらり at 2006-10-06 14:59 カテゴリ:ポンテペルレ | コメント(4) | TrackBack(0)
_

ジャドールの時計が更新

まだまだ調整中です
<公式>
美浦・池上昌弘厩舎(0.0.0.0)
(前回と同様なので省略)
(10月5日更新)
10/1 助手 美南W良  74.5−58.3−43.4−14.6 馬なり余力
シルクトワイライト(二未勝)馬なりの内同入
10/4 助手 美南W良  70.6−55.1−40.6−12.7 馬なり余力
オークロイヤル(二未勝)馬なりの内同入

まだまだ軽い調教ですね。
昨日も書いた気がしますが、来週辺りに強いところを乗ってデビューする日を決めるのではないかと、想像しています。
デビュー戦の鞍上は誰かな〜。まぁ、厩舎的にはあの人が有力だけど。(^_^;)




k_m1.gif



 

posted by そらり at 2006-10-06 15:10 カテゴリ:ジャドール | コメント(0) | TrackBack(0)
_
馬なりに緑な日々> 2006年10月の過去ログ
img8399.gif

BK1:4/30までのギフト券(3000円以上で300円)
11affia804010430

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。